JKのセフレ 娘が中学校卒業してからやたら反抗期を迎えています。何をしても言うことを聞きません。話しかけても無視されます。そんなある日、娘の部屋で娘が友達と電話している声が聞こえました。「LINEで援助交際をしているサチエが私にもLINEで援助交際やろうって言われたけど、よく出来るよね。私は無理だな。好きでもない男性とそういうことをするの。」娘の会話に驚きましたが、LINEで援助交際を梅はやらないと言う言葉に安心をしました。だけど娘の近くで援助交際をする人がいるのことにも驚きました。 そんなある日、私は友達にランチを誘われて行くことにしました。待ち合わせの場所には友達と知らない男性がいました。「ごめんね。実は私の友達、健太がミキに会いたいって言うんだ。一目惚れしたみたいよ。」「いきなりでごめんなさい。でも君が写ってる写真を見てから会いたいって言う気持ちが強くなって。もちろん結婚していることも知っています。」私は戸惑うばかりでただ彼の話を聞いて頷いていました。その後LINEを交換しました。後日彼からメールが届きました。 「今度一緒に食事しませんか。もちろんタダとは言いません。何か欲しいものがあれば買ってあげますよ。」このメールにある意味娘が話していたLINEで援助交際に似ていると思ってしまいました。私は主人を愛しているので食事も断りました。でも、私にもこんな出会いがあるとは思ってもいなかったので少し嬉しい気持ちになりました。 穂別いちご JCとの援交

LINEで援助交際

140
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

まだ記事はありません

レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.